ワントップリフォーム

アクセスカウンタ

zoom RSS アルミサッシカバー工法で窓の種類を交換できます。はめ殺しフィックスからガラスルーバーへ取替えた事例。

<<   作成日時 : 2016/11/11 14:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


品川区のKN様邸では、アルミサッシをカバー工法によって窓の種類を変える工事を実施させて頂きました。サイズをオーダーメイドしてもともとの窓にぴったり納まるように作れば、基本的にはこれまでお使いの窓とは違うタイプに交換することが可能です。今回は階段室に付いていた、開けることのできない嵌め殺しフィックスを、風を採り込める通風用の窓に取り替えたいというご要望があり、2連のガラスルーバー窓へ交換しました。

もちろん通常の引違い窓へ交換したり、これを機に断熱性の高い複層ペアガラスや真空ガラススペーシアにガラスの種類をグレードアップして、窓の断熱性を高めるようなことも可能です。

画像


このようなパターン以外にも、内倒し窓とフィックスから、ガラスルーバーへ交換したり、逆に縦すべり出し窓のような外に押して開ける窓から、嵌め殺しフィックスに取り替えることも可能です。
画像



画像

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ワントップリフォーム公式サイトへ
ワントップ公式サイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アルミサッシカバー工法で窓の種類を交換できます。はめ殺しフィックスからガラスルーバーへ取替えた事例。 ワントップリフォーム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる